小説始めました。

これまで読んでこなかった小説。最近始めました。

きっかけとなったのは先日行ったイベント【BOOKMEETING】で本について意見をかわしてからです。(リンク先にてイベントレポートご覧頂けます)これまで読んでこなかったのは、きっと小学生の頃、母親に本を読みなさいと口うるさく言われたからかもしれません。笑

そのせいか読書感想文はすごく嫌いで、いつも最初と最後だけ読んで当たり障りのない言葉を並べて書いていた記憶があります。読み始めたと言ってもまだ数冊しか読んでないですが、本(特に小説)がいつの時代も人々を魅了する意味がわかったような気がしています。言葉一つ一つに込められた作者の意図を見つけるというか、そんな感覚で文字を追っていくのが醍醐味なのかなと。

本の楽しみ方は人それぞれだと思うのでどれも正解でしょうが、僕は今まで文字の羅列をただ追っていただけような気がします。(だから小説が読めなかったのかも)
雑誌など情報を得るのが目的であればそれで十分でしたが、小説となるとそうもいかない。文字を追うのではなく、作者や主人公になりきってみたり文字を頼りに背景を想像してみたりすることで、その小説に入り込んでいけるような気がします。今回は何かを伝えたかったわけでもなく、小説を読み始めてみての感想文みたいな感じです。

でも何かをきっかけに、新しいことを始めて、経験してみることで新しい世界を知れたり、違った物の見方ができるようになることは心地よいです。(ちょっとスケール大きいかな。笑)そんな繰り返しが自分の生活を豊かにしていくのではないでしょうか。

おすすめの小説とかあれば是非教えてください。よろしくお願いします。

屋納