ロシアンバーをひらきました

6月28日のロシアンバーにお越しいただいた皆さまありがとうございました!
コンディションが悪く、進行がぐだぐだですみませんでした。
料理はとても豊かで、めずらしくあたたかさが生まれていました。
提供して下さったハチャプリさん、参加者の皆さまありがとうございました♡
 

またざっとしたレポートをします。

歴史を概観した際に、ユーリー・ノルシュテインのアニメーション『25日・最後の日』(1968)を参照しつつ、十月革命について上級者の方に説明してもらいました。
映像はほぼ灰色と赤で構成されていて、ロシアアヴァンギャルドみたくかっこいいですが、
政治色が強く、めちゃくちゃ辛気くさかったです。。。

渡航準備について、渡航経験の豊富な方によると、ヒートテックを重ね着すれば大丈夫とのこと笑
寒すぎたらどこでもいいからお店に入りましょう。脳に障害が出てしまうレベルでやばいので、どこでも入っちゃっていいそうです。
食事は安いお店もあるけれど、スタローバヤと呼ばれる食堂がおすすめ。
エルミタージュ美術館は渡航経験者の方々によると、別に行かなくていいそうです。
広すぎて見きれないし、ロシア的なものを求めていくとちょっと違う大味なスポットだそう…

ロシアの文化について!初心者にオススメはチェーホフだそうです。
チェーホフはイケメンの上、苦労人らしい。
ロシアの文化はやっぱりアメリカと比較するのがおもしろいです。
あとロシア語で調べると何でもYouTubeに落ちてて、最新のものが見れるそうです×××

国民的ねずみ

We Are The World

シンセポップ?

これが90年とは〜、驚異的ですね。カルチャーショック。

以下、参照、紹介した本と映像一覧です。
『共産テクノ ソ連編』四方宏明著
『亡命ロシア料理』P・ワイリ、A・ゲニス著
『ソヴィエト・ファンタスチカの歴史』ルスタム・スヴャトスラーヴォヴィチ カーツ著 
etc…

Русский ковчег(Russian Ark)2002 / Aleksandr Sokúrov エルミタージュ美術館の映画
Battleship Potempkin  1925 Odessa Steps scene / Einsenstein  一番有名な映画のシーン
грезы (Daydreams) 1915 /  Yevgeni Bauer 妖しい映画
 Zemlya (Earth) 1930 / Dovzhenko 集団農場の映画
Per Aspera Ad Astra(Through the Thorns to the Stars) 1981 / Richard Viktorov SF映画
Кола Бельды – Ханина Ранина(Kola Beldy)ロシアいいとこ取りのPV

浅いのか深いのかよく分からない内容でした。
バカなハリウッド映画がショック療法だとすると、ロシア映画は漢方みたいなもんだなと思ったりしました。
何よりおもしろいお話をお伺いできて、お付き合いいただけて感謝です🇷🇺

いったんロシア、ロシアいうのはやめて切り替えていこうと思います。
7月もよろしくお願いします!